100点満点中30点合格

前回ブログでも紹介しましたが

私は今

統計学の勉強をしています

統計学なので

絶対にそうなると言い切ることは

できません

そうなる確率が高いよ〜

みたいな

例えるなら天気予報みたいな

そういうことです

 

 

統計学をいくら学んでも

事実や真実に近づけるのは

7割くらいまでだそうです

そして

事実や真実を作り出す

何より大事なことが

残りの3割なんだそうです 

 

 

ではその3割とは何かというと

人間力」

なんか難しい話になりそうな流れですが

大丈夫です

むっちゃ簡単な話です

 

 

統計学では起きる現象を

ある程度予測することが可能ですが

それを良い方向に持って行くか

悪い方向に持って行くかは

人間力次第

その人間力とはなにか…

*人に優しく

*みんな仲良く

*悪口を言わない

他にもいろいろありますが

どれも保育園児に教えるような

そんなレベルの話です

 

 

しかし

そんな保育園児に教えるようなことすら

できなくて人生詰んだり

八方塞がりになってしまったり

苦しみから抜け出せずにいる人は

少なくありません

私だってその中のひとりです

それが人ってものです

 

 

人間力が高ければ

統計とか関係なく

幸せな方向に導かれるそうです

天気予報では雨だったけど

実際は降らなかった時

日頃の行いが良いとかなんとか

言ったりしますよね?

そんな感じです

 

 

人間力…

神さまが100点満点だとすると

めっちゃ修行したお坊さんでも80点だと

お坊さんやってる友達が言ってました

「おれなんかまだまだ赤点だけどw」

って言って笑ってましたが

一般人は30点も出来れば

合格点なんだそうです

30点?余裕じゃね?

最初はそう思いましたが

自分のこと振り返ると

0点だったこと少なくありません…

人に優しく

みんな仲良く

悪口を言わない…

真逆のことした日は

数えきれません…

 

 

人に優しくできるには

時間や気持ちの余裕がなければです

みんなと仲良くするには

思いやりや気配りが必要です

執着や妬みや許せない感情があると

悪口が出てきます…

時間と気持ちにゆとりと自信をつけるには

規則正しい生活習慣

それから

ある程度の教養も必要です

 

 

でも30点でいいのなら

それで良い方向に導かれるなら

せめて0点の日を少なくできたら…

 

 

統計学を勉強してたら

そんなところにたどり着いた

このはでした🌱

 

 

いつも優しく穏やかな心でいれるよう

がんばろ♪

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA