良い食べ物とは?

身体に良いものを食べる…

よく見聞きしますが

具体的にどんなものでしょうか?

私は仕事では

添加物に頼らない物作りをしています

特別なことしてるつもりは

全くありません

修行したお店が

そういう理念の元で

商売してるところだったので

添加物の知識はあるものの

使い方を知らないのです

でも

そんな私ですが

普通にポテチやカップ麺は食べます

そして普通に生きてます

さて

ここからは私独自の

良い食べ物のお話です

「言霊」というのをご存知でしょうか

言葉には目に見えない力があるとか

魂が宿るみたいな話しなんですが

そもそも食べ物というのは有機物です

お肉も野菜も調味料も

元を辿れは全てが生き物です

言葉に魂が宿ると言いますが

食べ物はそもそも命のあるものです

あるもの?

あったものかな?

まぁ…とにかく生きてたものです

そこで少し考えてみてください

もし

もしですよ

自分が食べ物だったら…

「こんなもの」とか「なにコレ…」

「もっとまともなのないの?」

「しょうがないか…」

「コレ食べたら太るんだよな…」

そんなこと言われたり

そんな態度とられたら

どう思うでしょう?

食べた人にとって良い働き

したいと思いますか?

逆に「コレ好きなんだよね♪」

「ありがたいな」「嬉しいな」

「幸せだな」「美味しい」

そういう言葉や態度なら

悪いことしようと思いますか?

私が小さい頃は

着色料たっぷりの舌にも色がつく

駄菓子とか普通に売ってましたが

今ほど癌で亡くなる人はいませんでした

健康ブームで食べ物がやたらと

なんやかんや言われるようになってから

心身を病む人は増えてるように

私には見えます

食べ物に感謝してますか?

粗末にしていませんか?

アジの開き一枚とっても

そのサイズの鯵を捕獲すること

開いて干して流通されること…

調理するには火が必要ですが

スイッチひとつでそれが可能なこと

どれだけありがたいことか

BBQとかやるとわかりませんか?

何を食べるか

それはそれで大事なことですが

それよりも

どんな心でいただくか

そっちの方がよっぽど大事だと思う

このはでした🍀

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA