あなたは…私の…

あれは忘れもしない

独立してお菓子屋さん始める時のこと…

3月いっぱいで修行したお店を後にして

5月オープンという計画でした…

しかし…

その3月に東日本大震災。

用意していた機材や

材料屋さんの倉庫は

仙台港にありました…。

退社の手続きはもう済んでました

改装工事の予定もバッチリでした

それが全て津波に流されて

私は途方に暮れました…

そんな中

建具屋さんが

あんな状況の中で

「負けてらんねぇ!」と言って

コレを作って持ってきてくださいました。

注文していた

チョコレートを模した扉です。

それをきっかけに

たくさんの人が立ち上がり

知恵と工夫と希望を持って

開店に向け動いてくれました。

(多分この話は前にもしたと思うけど…)

今、私の頭の中では

ユーミンの「卒業写真」が

脳内再生されてます。

悲しいことにコロナの影響で

食品業界は大打撃

もちろん私のところも…

皮の表紙じゃなくて

チョコレートの扉だけど

悲しいことなくても

毎日見てるものだけど…

これまでたくさんの人に支えられ

たくさんの出会いがありました。

今は世の中全体が大変なことになってるけど

そんな感じだからかな…

「卒業写真」は私の脳内で変換されて

(世の中に流されて

変わっていくことがあっても

あなたは 時々

近くで勇気づけてくれる

あなたは 私の

勇気と希望そのもの)

みたいなことになってます😌

(語呂悪いけどね)

先のことはわからないけど

マスク無しで行動できる日が

早く戻ってきて欲しいと

心から願う

このはでした🍀

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA